iPhone 6s 水没修理

今回はiPhone6s の水没修理をご紹介します!

お預かり時の状態

画像では少し分かりづらいのですが、
アウトカメラのカメラレンズの内側に水滴が視認できます。
雨で濡れてしまったとのことでしたが、
もしかしたらもっと派手に水に濡れてしまっている可能性があります。

分解途中の様子

内部は水滴が目に見えてわかるほど残っています。

中の水分を完全に飛ばした後に、元の部品のまままず組み立てます。
その状態で基本動作等に特に問題なければそのままご返却になります。
しかし、今回は液晶部分に水濡れのあとが色濃く残り、
操作面でも勝手に動くゴーストタッチの症状が見られたため画面の交換が必要になりました。
 

部品交換後

画面交換で液晶もしっかり映りました。
ゴーストタッチの症状もなく通話も問題なく出来たため、また使用できる状態になりました。
ただ、一度水没した端末は不安定なものになりますのでこまめにバックアップをとり、
突然使えなくなったときのために備える必要があります!

修理料金

保証あり(互換パネル)/保証あり(純正同等パネル)
6,900円(税抜)10,900(税抜)

保証なし(互換パネル)/保証なし(純正同等パネル)
5,900円(税抜)8,900(税抜)

※2020年5月時点の修理料金です。

互換パネル:液晶やタッチセンサー等を純正品ではなく、純正品と互換があるオリジナルの部品を使用したものになります。
液晶表示の色味がものによって純正品と比べて青みや黄色みが若干強い場合があり、
液晶周辺の白色の塗料や液晶表示の色味が純正品と比べて違うことがあります。
純正同等パネル:純正品の破損したガラス等を新しい物に交換した製品になります。
純正の液晶パネルとタッチセンサーは純正品を流用し使用しており、表面のガラスのみ純正同等品と品質が同じものを使用しております。
液晶表示やタッチの感度が純正品と同じものとなります。
ただし、液晶表示の色味に関しては純正品でも個体差はあります。

純正パネル:iPhone購入時についているパネルが「純正パネル」と言われております。
純正パネルはiPhoneの純正であるため、最も品質やiPhoneとの相性が良いものになります。
一般的に入手が困難なため、純正パネルを使用・販売している修理・卸業者は弊社が認識するかぎりございません。